『first call 健診管理サービス』

健診結果を簡単データ化

産業医への共有も安全、スムーズに。

オンライン健診結果管理する3つメリット

従業員の健診結果に
すぐにアクセス

PCがあればすぐに従業員の健診結果にアクセス可能。健診結果確認のための出社は不要になります。

産業医への情報連携も
安全かつスムーズに

就業判定のため産業医へ共有していた健診結果。オンラインで管理をすることで、郵送やメールでの連携が不要になり、安全かつスムーズに産業医へ受け渡すことができます。

健康診断に関わる
業務負担を軽減

健診結果の仕分け、産業医への健診結果の郵送や労基署への報告書の作成など、全てオンラインで対応可能。煩雑だった業務を効率化します。

一方で、健診結果をオンラインで管理するには、
『健診結果が紙媒体、しかも様式が健診機関ごとにバラバラ』
という課題が、、、

健診結果の取込

CSVファイル形式での取込に対応

健診機関からCSVファイルで結果を受け取っている企業様は、CSVファイルをそのまま取り込み可能です。※1

紙の健診結果を簡単データ化

紙の健診結果も取り込み可能です。
画像データから当社にて集計可能なデータ形式に変換します。各種健診結果表の様式にも対応いたします。※2

※1 当社CSVフォーマットへの置換作業が必要になります。
※2 紙媒体の健診結果取込の際、健診結果のPDFファイル化は各社にてお願いしております。

提供機能

2021年7月末時点では一部の機能のみ利用可能です。

今後、健診結果を従業員がオンラインで参照できる機能など、随時開発し提供して参ります。

健診結果のオンライン管理

健診結果の産業医への連携

従業員への健診結果データの共有

残業時間のオンライン管理

産業医への就業判定依頼

※1 基準値として日本人間ドッグ学会の基準を採用しております。

画面イメージ

健診管理システムを導入してはみたものの、

産業医がシステムを使いこなせない、活用してくれないという

お悩みはありませんか?

first callなら、

健診管理システムを活用できる産業医の選任サービスも提供しています。

オンラインでの産業医面談にも対応します。

導入価格例

ご導入いただきやすい価格にてご提供予定

導入価格は従業員数に応じて変わります。

         ※価格は税抜
         ※当年度分の健診結果の取込費用は月額費用に含まれます
         ※管理対象従業員数は毎月月末の登録されたデータ数から自動的に算出します。
          なお、月末の段階で退職者として登録されている従業員については0.5人としてカウントします。
         ※産業医選任費用・産業医面談費用・医療相談費用は上記に含まれません。

その他料金

         ※価格は2021年4月時点のもので、予告なく変更される可能性があります。

セキュリティ

安心してご利用いただくために、第三者機関によるチェックを行い、セキュリティ対策を常に最新にしています。
IS 737837 / ISO 27001

国際的なセキュリティ基準であるISO27001(ISMS)を取得。
第三者機関によるシステム脆弱性診断を定期的に実施。

よくあるご質問

月額費用に含まれるサービスを教えてください

提供予定機能に記載の機能は全て月額費用に含まれます。過去年度の健診結果の取込(OCRでの健診結果読み取りも当年度分につきましては月額費用に含まれます。)や、産業医サービス・医療相談サービスをご利用の際には別途費用が発生いたします。

産業医を自社で既に契約している場合、システムのみの利用は可能ですか?

 健診管理サービスはシステムのみの提供となりますので、システム単体でご利用いただくことは可能です。

運営会社

会社名        株式会社Mediplat (メディプラット) 
           東証一部上場メドピア(株)グループ:https://medpeer.co.jp/


設立         2015年11月25日


住所         〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル15階 


事業内容       クラウド型健康管理サービス「first call」の運営、ライフログプラットフォーム事業
           https://www.firstcall.md/ 

                                       産業医サービス・医療相談サービスの導入実績:770件以上