【中小企業の産業医選任】違反すると罰則も? 労働安全衛生法を改めてチェック

政府による働き方改革の流れもあり、社員の健康維持向上を効果的・効率的に行うことが求められています。 そうしたなか、医学に関する知識を持つ産業医は、事業場での産業保健活動を行うための専門職としての役割を期待されています。 一定規模以上の事業場に選任が義務づけられていますが、「中小企業にも選任義務はあるのだろうか」と疑問を持つ担当者の方もいるのではないでしょうか。 本記事では、中小企業の人事・総務担当者に向けて、産業医の選任義務や罰則について解説します。

記事を見る

【産業医】選任するメリット4つと選任時の注意点

『労働安全衛生法』第13条第1項・『労働安全衛生法施行令』第5条に基づいて、常時50人以上の労働者を使用する事業場では、産業医の設置が義務づけられています。 また、常時使用する労働者数が50人未満の事業場では設置義務はありませんが、医師による健康管理を行うために設置することが努力義務とされています。 選任義務の発生に伴い産業医の設置を検討しているものの、「産業医の設置によりどのようなメリットがあるのだろう」「選任時の注意点を把握しておきたい」とお考えの担当者の方もいるのではないでしょうか。 本記事では、産業医を設置するメリットと注意点について解説します。

記事を見る

【産業医の変更】必要な手続きと守るべき期限について解説

産業医には、労働者の健康管理を行う産業保健チームの中核となることが期待されています。『労働安全衛生法』第13条第1項、『労働安全衛生法施行令』第5条では、常時50人以上の労働者を使用する事業場において、産業医の設置が義務づけられています。 しかし、産業医を設置している事業場のなかには、「月に数回の訪問のため、依頼できる業務に限りがある」「専門の診療科とは異なる健康問題に対応してもらえない」といったケースもあるのではないでしょうか。 選任中の産業医が自社の実態にそぐわない場合には、変更することも一つの方法です。 この記事では、産業医の変更が考えられるケースや必要な手続き、選任期間について解説します。

記事を見る

安全衛生委員会に産業医の出席は必須? 設置目的や産業医の義務について確認

労働者の安全と健康を守り、労災を防止するためには、労使が一体となって対策に取り組むことが必要です。そこで、一定規模の事業場では、“安全衛生委員会”の設置が義務づけられています。 担当者のなかには「安全衛生委員会にはどのような目的があるのか」「産業医は必ず安全衛生委員会に出席したほうがよいのか」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。 この記事では、安全衛生委員会の設置目的や産業医の出席義務について解説します。

記事を見る

産業医/産業カウンセラーの違いと企業において期待される役割

事業場での産業保健活動の中核となる専門職には“産業医”が挙げられますが、混同しやすい職種として“産業カウンセラー”も挙げられます。 産業医と産業カウンセラーの違いについて理解したうえで、事業場の健康課題や実態に応じて選定することが重要です。 この記事では、産業医と産業カウンセラーの役割と、設置義務や業務内容の違いについて解説します。

記事を見る

【傷病手当金】申請時の意見書は産業医でも作成可能か

傷病手当金とは、健康保険の被保険者である従業員が、業務外の病気やケガを理由として就業が困難となった場合に、本人とその家族の生活を保障することを目的とした保険制度です。 傷病手当金の申請を行う際は、療養担当者である医師の意見書が必要です。 しかし、企業の人事・総務担当者のなかには、「産業医でも意見書が書けるのか知りたい」「主治医と産業医の意見が違う場合の対応を知りたい」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。 この記事では、傷病手当金の支給・申請に関することをはじめとして、産業医による意見書の作成可否、主治医と産業医の意見が異なる場合の対応を解説します。

記事を見る

「産業医・産業保健機能の強化」とは|変更点と企業の対応ポイント

働き方改革関連法の改正により、2019年4月1日から産業医・産業保健機能が強化されました。 この改正では、企業や産業医に求められる対応も新たに定められています。 しかし、「今回の改正で企業がどのような対応をとったらよいか分からない」「具体的に強化された項目を知りたい」とお悩みの担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、強化された産業医・産業保健機能の権限や、企業側の対応のポイントを解説します。

記事を見る

派遣社員は「労働者数50名以上」に含まれる? 産業医選任/各種健康管理の基準について確認

常時使用する労働者数が50人を超える事業場には、産業医を選任する義務があります。産業医を選任することで、労働者の健康管理や衛生に関する意識の向上や、活力ある職場づくりに役立ちます。 しかし、派遣社員が多く働く企業では、「産業医の選任基準における“50名”に派遣社員は含まれるのだろうか」「健康診断やストレスチェックの実施範囲には?」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。 この記事では、産業医の選任基準の概要をはじめ、派遣社員に対する健康診断や産業医面談などの実施義務について解説します。

記事を見る

【健康診断・ストレスチェック】産業医の押印が不要に|手続き簡略化の背景とメリット

これまで、事業者が健康診断個人票や定期健康診断(以下、定期健診)、ストレスチェックなどの結果報告書を保管・提出する際は、医師や産業医による押印・電子署名が必要でした。 しかし、2020年より、押印・電子署名が不要となったことをご存じでしょうか。 この記事では、健診個人票や定期健診・ストレスチェックなどの結果報告書の保管・提出において押印・電子署名が不要になった背景、またそれによるメリットを解説します。

記事を見る

主治医と産業医で意見が異なる? 休職・復職判断の際の両者の役割と連携のポイント

メンタルヘルス不調が原因で休職した従業員が復職する際には、適切なサポートが求められます。なかでも、主治医と産業医が連携して、職場環境を整えることが重要といわれています。 人事・労務の担当者のなかには、「主治医と産業医それぞれの意見をどう捉えるべきか分からない」「両者の連携のポイントを知りたい」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。 この記事では従業員の休職・復職対応の際の主治医と産業医の連携について、その重要性と連携のポイントを解説します。

記事を見る