〈株式会社カーネルジャパン様〉
first callだけで法定対応。
オンラインだから、客先常駐の従業員とも面談ができる

 ウェブサイト制作、アプリ・ソフトウェア開発、
システムインテグレーター事業などを展開する、株式会社カーネルジャパン様。
2021年よりfirst callを導入し、従業員の健康管理を行っています。
導入経緯や導入後のご感想を伺いました。


株式会社カーネルジャパン様
業種

IT/システムエンジニアリングサービス

従業員規模

約130名
ご利用サービス

訪問産業医オンライン産業医面談、オンライン医療相談、ストレスチェック

 

––––導入の経緯を教えてください。

 統合合併で従業員数が増加したことをきっかけに、産業医の選任準備を始めました。はじめは、オフィス近くのクリニック数件にお声がけしたのですが、ストレスチェックは別サービスの利用を促されることが多く、その分コストも大きくなることが分かりました。

 「もう少し良いサービスがあるのではないか」と調べるうちに、first callを見つけました。first callでは、安全衛生委員会や、各種面談業務に加えて、ストレスチェックの実施もお願いできます。法定義務にまとめて対応できる点が魅力的で、さらに医療機関との直接契約より費用が抑えられることも分かったため、導入を決めました。

 

––––導入後のご感想をお聞かせください。 

 当社の場合、お客様先で常駐して働くエンジニアが多く、管理者側でそれぞれの様子を把握することが比較的難しい状態です。これまでは、体調がすぐれない人がいる場合は、まずエンジニアの人事労務管理を担うスタッフが相談に乗り、それでも解決できないときは、人事に相談いただいていました。

 そういった相談を産業医に連携し、対処方法のアドバイスをもらえるようになりました。相談者の中には「聞いてもらって楽になった」という声も上がってきており、産業医を選任した意義を感じています

 また、ストレスチェックを実施し、その結果をもとに「高ストレス者」に産業医面談を促す体制も整いました。お客様先で働く従業員の異変を早めにキャッチし、メンタル不調の予防につなげたいと思っています。

 現在当社では、本社への産業医訪問を除き、これら従業員への産業医面談の実施、またストレスチェックの実施などを、すべてオンラインで行っています。従業員が別々の職場で働いていて、一カ所に集まる機会がない当社にとっては、オンラインで完結できる点も非常に助かっています。

 

––––今後の展望について教えてください。

 エンジニアは業務の特性上、どうしても運動不足や過重労働になりやすい傾向があります。従業員それぞれが良い仕事をするためにも、会社側で状況を把握し、必要なサポートをしていくことが重要だと思っています。

 今回、産業医にご協力いただける体制が整いました。今後は、オンライン産業医面談やオンライン医療相談をもっと活用し、従業員の現状把握や、健康意識の底上げを目指していきたいです。


株式会社カーネルジャパン
所在地:〒160-0004 東京都新宿区四谷3-14-1UUR四谷三丁目ビル2F
URL:http://kernelj.jp/

関連サービス:訪問産業医オンライン産業医面談、オンライン医療相談、ストレスチェック








サービス資料をダウンロード

■この資料で分かること

・「first call」を運営するMediplatの概要

・クラウド型健康管理サービス「first call」のご紹介

・オンライン産業医面談、オンライン医療相談、ストレスチェックなどの機能詳細 など

※会社ドメインのメールアドレスをご登録ください。
フリーメール・同業他社さま等の場合には、今後の情報提供を控えさせていただくことがあります。
本フォームにて送信いただいた個人情報は、株式会社Mediplatにて、クラウド型健康管理サービスfirst call及びその他株式会社Mediplatにて取り扱うサービスやセミナーに関するご連絡の目的で利用いたします。
上記のほか、当社の個人情報の取り扱いに関してはプライバシーポリシーに規定しております。同意の上で、ご登録をお願いいたします。