衛生管理者とは? 業務内容や企業の選任基準についてわかりやすく解説

企業には、従業員が安全かつ健康に働けるような職場環境づくりに向けた取組みが求められます。そのなかの一つに、“衛生管理者の設置”があります。従業員が一定数いる企業には設置することが法律で定められています。本記事では、衛生管理者とは何か、業務内容や企業における選任基準についてわかりやすく解説します。

記事を見る

パワハラは安全配慮義務違反になる? 事例や企業に求められる対応について解説

『労働契約法』第5条において、企業には従業員が安全かつ健康に業務に従事できるように、“安全配慮義務”が課せられており、なかでもパワーハラスメント(以下、パワハラ)は、精神障がいに関する労働災害の原因の一つと考えられています。今回は安全配慮義務違反とパワハラに対して、企業に求められる対応について解説します。

記事を見る

職場で発生しやすいハラスメントの種類と対策方法

企業には、従業員の尊厳や人格を守ることはもちろん、働きやすく風通しのよい職場環境づくりが求められます。この記事では、職場で起こりやすい代表的なハラスメントをはじめ、企業における対策の重要性と具体的な対策方法について解説します。

記事を見る

人事・総務担当者が行う社会保険の手続き・申請方法について

従業員の入退社や住所変更があった場合は、社会保険の手続きが必要です。しかし、社会保険の種類によって必要な届出や書類が異なるため、「具体的な手続きの進め方が分からない」といった悩みを持つ担当者の方も多いのではないでしょうか。この記事では、人事・総務担当者の方に向けて、従業員の社会保険の手続きについて解説します。

記事を見る

企業でPCR検査を実施する場合の流れと陽性者への対応や保健指導について

従業員にコロナ感染の疑いがある場合は、企業は適切に医療機関等での検査を促したり、感染者が出た際の対応を行ったりします。しかし、海外渡航の前後などでも、検査が必要となる場合があります。この記事では、企業でPCR検査を実施する流れをはじめ、感染者が出た場合の対応や保健指導について解説します。

記事を見る

【健康イベントの事例】健康経営優良法人の認定に向けた企業の取り組みとは

経済産業省では、企業における健康経営の取り組みを促進するために、“健康経営優良法人”を評価する顕彰制度を設けています。健康経営優良法人の認定を目指す企業に向けて、健康経営優良法人認定制度の概要や健康経営のイベント・取り組み事例、健康経営に対する支援制度について解説します。

記事を見る

快適な職場環境をつくるための室温管理の基準とポイント

従業員の健康管理に関わる要素の一つに、職場の室温管理が挙げられます。ただし快適と感じる温度・温度には個人差があるほか、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)の感染対策として、こまめな換気を行うことも必要です。本記事では、『事務所衛生基準規則』で定められた室温の基準をはじめ、快適な職場環境をつくる室温管理のポイントを解説します。

記事を見る

オフィス・作業場の熱中症対策と対処方法

熱中症は屋外で発生するイメージがありますが、室内での発生も見られるため、オフィス・作業場で働く従業員にとってもリスクは存在します。この記事では、熱中症の発生状況をはじめ、オフィス・作業場での熱中症対策、対処方法について解説します。

記事を見る


高度プロフェッショナル制度の健康管理時間とは? 残業時間との違いを解説

高度プロフェッショナル制度とは、高度な専門職に就き、職務の範囲が明瞭で一定の年収要件を満たす労働者に対して、労働基準法で定めた労働時間や休日の規定を適用しない制度のことです。この記事では、高度プロフェッショナル制度における健康管理時間とは何か、混同されやすい残業時間との違いについて解説します。

記事を見る