ストレスチェック制度とは? 実施の流れを解説

2015年12月以降、労働安全衛生法の改正によってストレスチェックの実施が義務付けられました。ストレスチェックにより、従業員のストレスがどのような状態にあるかを把握できます。うつ病を含むメンタルヘルス不調の未然防止に役立つ制度です。本記事では、ストレスチェックの基本概要、実施の流れ、注意点を分かりやすく解説します。

記事を見る

定期健康診断結果報告書とは? 記入・提出の方法を解説

常時50人以上の従業員を雇用している事業場は、常時雇用する従業員に対して、1年以内に1回の定期健康診断を実施し、定期健康診断結果報告書を所轄の労働基準監督署へ提出する義務があります。本記事では、定期健康診断結果報告書の基本概要、正しい記入方法、提出先、期限について詳しく解説します。

記事を見る

衛生委員会とは? 設置する目的や役割を分かりやすく解説

従業員数が一定の規模に該当する事業場では、“職場の安全”と“従業員の健康”を保持増進することを目的に衛生委員会の設置が義務付けられています。本記事では、常時雇用する従業員数が50人以上になった場合に設置が義務付けられている衛生委員会の目的と設置基準、役割を分かりやすく解説します。

記事を見る

従業員が50人以上になったら何をする? 環境整備で必要な5つのこと

事業場で常時雇用する従業員数が50人を超える場合、産業医の選任義務や健康診断の結果・衛生管理者の選任報告書などを労働基準監督署・所轄労働基準監督署長へ報告する義務が発生します。本記事では、事業場の従業員が50人を超える際に行わなければならないことをまとめて紹介します。

記事を見る

健康経営とは? 期待できる効果と注意点

従業員が心身ともに健康的に働ける環境を整備する”健康経営”は、企業経営における重要課題の一つと捉えられています。少子高齢化の影響により、今後も労働人口が減少していくことが予想されるなか、健康経営に取り組むことで将来に向けた労働力の確保や従業員の定着など、さまざまなメリットが期待できます。本記事では、健康経営の基本概要や効果、実施する際の注意点、具体例を分かりやすく解説します。

記事を見る

はじめての産業医選任

最近ではコロナ禍で身の回りの環境が変化したことによるメンタルヘルス不調対応等にも注目が集まっています。 そんな中で労働者の健康サポートを専門的にできるのが産業医です。本記事では、初めて産業医を選任する担当者様向けに産業医についてわかりやすく解説していきます。

記事を見る

産業医の訪問対応・リモート対応兼用プランの提供を開始しました。

今の産業医には、職場巡視や健診事後措置といった定型的な業務に加えて、臨機応変の対応が求められています。当社にも、感染症対策ガイドラインを策定したいのでアドバイスして欲しい、PCRで陽性反応が出た社員の健康相談をオンラインで対応して欲しいといった問い合わせが増えています。

記事を見る

first callで“産業医相談”と“医療相談”の10日間無料体験キャンペーンを開始した話

first callでは昨日(2021/1/14)から「産業医相談・医療相談無料体験キャンペーン」を開始しました。キャンペーン内容の詳細は以下のリンクから当社プレスリリースをご覧ください。このnoteでは、なぜ今このキャンペーンを実施したのかという背景をご紹介したいと思います。

記事を見る