安全衛生推進者とは? 職務内容や資格要件について解説

『労働安全衛生法』第1条において、事業者には労働災害を防止するとともに、従業員の安全・健康を確保して快適な職場環境を形成する責務があると定められています。 このような、職場における衛生管理や従業員の健康確保を行うための専門職の一つとして“安全衛生推進者”があります。 中小規模の事業場では、自社に安全衛生推進者の設置が必要かどうか、また、職務内容や資格の要件について確認しておくことが必要です。 この記事では、安全衛生推進者の選任義務をはじめ、職務内容や資格要件について解説します。

記事を見る

個人情報の扱い方に注意! 産業医に求められる守秘義務と事業者の報告義務について解説

産業医面談とは、主に長時間労働者および高ストレス者を対象に、産業医が従業員本人の健康の状況を把握したうえで適切な指導を行う面談のことです。過労やストレスが原因で、従業員の健康問題やメンタルヘルス不調が発生するのを未然に防ぐことを目的としています。 面談が必要な従業員のなかには「話したことを上司に報告されるのでないか」といった不安から、面談に応じないといったケースも考えられます。 しかし、産業医には守秘義務が課せられているため、従業員はプライバシーが守られた状態で安心して面談に臨むことが可能です。 この記事では、産業医面談における守秘義務や、面談後の対応について解説します。

記事を見る

妊婦さんがいる職場|知っておくべき制度と配慮、注意点

女性が妊娠・出産というライフイベントを迎えるときは、身体に大きな変化が起こり、精神的な負担にもつながりやすくなります。 事業者には、女性従業員の健康を守り、安心して妊娠・出産を迎えられるように、妊婦さんに配慮した職場環境を整備する“母性健康管理”が義務づけられています。 この記事では、出産・育児に関する休業制度をはじめ、妊娠中の従業員に対して人事・労務部門が行う対応や注意点について解説します。

記事を見る

人事担当者はなれない? ストレスチェックの実施事務従事者の役割と要件

職場におけるストレスチェックを適切かつ円滑に行うためには、あらかじめ実施体制を整えておく必要があります。 ストレスチェックの実施体制を整えるにあたってキーパーソンとなるのが、実務担当者・実施者・実施事務従事者・面接指導を行う医師の4者です。 4つの担当部門では、それぞれ実施業務や職務上の権限、守秘義務などが異なるため、事業者が各担当者を選定する際は役割・要件について理解しておくことが重要です。 この記事では、ストレスチェックの実施に関わるキーパーソンのうち、実施業務従事者の役割や要件について解説します。

記事を見る

部下が休職する際に上司に求められる対応とは? 休職者を出さないための対策も解説

部下が心身の不調で働くことが困難になった場合、休職の申出を受けることがあります。 日頃の業務で関わりの深い上司にとってはつらいことですが、企業としては症状が深刻化する前に療養を促して、職場復帰に向けた支援をしていくことが大切です。 また人事・総務担当者は、休職者の上司に対して、対応方法を共有したり、場合によってはどう対応すべきか指示したりする必要があります。また、休職を予防するような仕組みづくりも求められます。 この記事では、部下が休職することになった際の上司に求められる対応と、休職者を出さないためのポイントについて解説します。

記事を見る

【職場復帰の3ステップ】休職からの復職手続きと企業ができるフォローアップ

近年、心の健康問題で休業する従業員が増加しており、休業後の職場復帰支援がスムーズに進まないという事例も見られます。 職場復帰できると考えられる業務遂行能力はケースごとに多様なため、従業員の意思や人事・労務担当者のみで判断を行うと、疾患が再発する可能性があります。 従業員の職場復帰を円滑に進めるためには、事前に復職手続きや判断基準を明確にするとともに、通常業務に戻るためのフォローアップ体制を整備しておくことが重要です。 この記事では、休職から復帰する際の手続きの流れや従業員へのフォローアップについて解説します。

記事を見る

育休からの復帰|人事労務が行うべき4つの対応

育児休業(以下、育休)とは、従業員が育児に専念するために定められた制度のことです。育休を取得するための申請を行うことで、基本的に子が生まれてから1歳に達するまで休業できます。 従業員が育休を取得する場合と同様に、復帰する際も企業がさまざまな対応を行う必要があります。 この記事では、育休中の従業員がスムーズに職場復帰できるように、企業に必要な対応を4つのステップで解説します。 育休から復帰する従業員への対応方法を知りたい人事・総務担当者の方は、ぜひ最後までご覧ください。

記事を見る

健康経営優良法人とは? 認定を受けるメリットやポイントを解説

健康経営優良法人の認定を受けることで、企業はさまざまなメリットを得られます。ただし、認定を受けるためにはいくつかの要件を満たす必要があります。 これから健康経営優良法人の認定を目指すうえで、「どのような制度なのか分からない」「認定されることでどのようなメリットがあるのか知りたい」とお考えの人事・総務担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、健康経営優良法人の認定を受けるメリットや、認定を受ける際のポイントを詳しく解説します。

記事を見る

【人事総務担当者必見】健康診断の対象者はどこまで? 実施義務がある従業員とない従業員

事業者は労働者に対して、医師による健康診断を受けさせる義務があります。健康診断を受けさせることは、労働者の心身の健康を守ることにつながるため大切です。 しかし、「派遣社員やアルバイト・パートは対象なのだろうか」「健康診断を実施しない場合はどうなるのだろうか」といった疑問を持たれている人事・総務担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、健康診断の実施義務がある対象者や、健康診断の種類などを解説します。

記事を見る

誰にいつ、どの健康診断を受けさせる? 健康診断を行う時期と項目、実施後の対応を解説

『労働安全衛生法』第66条には、事業者は労働者に対して、医師による健康診断を実施する義務があると定められています。同様に労働者も、事業者が実施する健康診断を受診しなければなりません。 なお、健康診断にはさまざまな種類があり、業種や業務の内容によって実施する時期が異なります。 人事・総務担当者のなかには、「健康診断はいつ実施するのがよいのだろうか」「従業員に受診させる項目が分からない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。 この記事では、健康診断を実施する目的をはじめ、実施時期や実施後の対応について解説します。

記事を見る