季節の変わり目に起こりやすい不調とは? 企業ができる3つの対処法

季節の変わり目になると、「疲れが取れない」「体がだるい」などの体調不良を訴える人が見受けられます。 このような体調不良を放置すると、不眠やうつなどの症状につながることもあり、従業員の生産性の低下や休職など業務に支障をきたす可能性があります。 企業の人事・総務担当者の方は、季節の変わり目に起こりやすい不調の原因と症状について理解したうえで、適切な対処を行うことが重要です。 この記事では、季節の変わり目に不調が起こりやすい原因と症状、企業ができる対処法について紹介します。

記事を見る

ストレスの種類とは? 上手に付き合うために企業が取り組む対処法を解説

企業には従業員のストレスを軽減して、心身ともに健康で働けるような取り組みが求められます。 しかし、「ストレスの原因は何か」「ストレスによってどのような不調が起こるのか」など、ストレスについてよく知らないという方もいるのではないでしょうか。 企業の人事・総務担当者は、従業員のストレス対処法を検討する前に、ストレスについての知識を深めることも大切です。 この記事では、ストレスの原因や種類、対処法について解説します。

記事を見る

企業の健康経営に“予防医療”が重要とされる理由とは?

高齢化や現役世代の減少が見込まれているなか、健康寿命を伸ばすための予防・健康づくりに目を向ける必要があります。 そこで注目されているのが“予防医療”です。予防医療に取り組むことで、心身ともに健康で活躍できる人材を確保することが期待できます。 この記事では、予防医療の概要をはじめ、予防医療が重要とされる理由や企業における施策について解説します。

記事を見る

ストレスチェック結果の確認ポイントと従業員への対応

事業場でのストレスチェックには、従業員のメンタルヘルス不調を防止する目的があります。 高ストレス者を選定して、従業員自身のセルフケアや面接指導を促すためには、ストレスチェックの結果を適切に評価することが重要です。 しかし、「どの項目の結果を確認すればよいか分からない」「従業員にどのような対応が必要か分からない」などの疑問を持つ人事・総務担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、ストレスチェック結果の確認ポイントや、従業員への対応について解説します。

記事を見る

休職者の年末調整は必要? 実施義務や注意点について解説

年末調整とは、毎月の給与や賞与から源泉徴収した所得税の合計額と、1年間に納める必要のある所得税の差額を精算して、正しい所得税を確定させる手続きのことです。企業が雇用している従業員は、一部を除いて年末調整の対象となります。 しかし、「休職者に年末調整は必要なのだろうか」「実施にあたって注意点を把握しておきたい」などと考える人事・総務担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、休職者における年末調整の実施義務や、手続きを行ううえでの注意点について解説します。

記事を見る

管理監督者によるラインケアとは? 実施する際のポイントを解説

厚生労働省の『職場における心の健康づくり』によると、業務による心理的負荷によって労働者が精神障がいを発症するケースが増加しています。 そのため、企業にとって従業員のメンタルヘルス対策は重要な課題となっています。この状況を受けて、厚生労働省では、労働者の心の健康保持・増進を図るために、事業場内の関係者が連携して次の“4つのケア”を実施することを推進しています。 この4つのケアのなかには、業務上の関わりが深い管理監督者による“ラインケア”が含まれています。企業の人事・総務担当者は、ラインケアについてよく理解したうえで、メンタルヘルス不調を早期発見・防止できる仕組みをつくることが重要です。 本記事では、ラインケアとは何か、またラインケアを行う際のポイントについて解説します。

記事を見る

長時間労働者への面接指導とは? 実施義務や目的について

2021年度に厚生労働省が公表した『令和3年度「過労死等の労災補償状況」を公表します』によると、業務における過重な負荷によって脳・心臓疾患を発症したとする労働災害補償の支給決定件数は172件です。そのうち時間外労働が100~120時間(1ヶ月間)の件数がもっとも多くなっています。 このような長時間労働による健康問題を予防するために、従業員の勤務状況や健康状態を把握して、医師による面接指導を実施することが定められています。 この記事では、職場の健康経営の促進に取り組む担当者に向けて、長時間労働者への面接指導の義務や目的について解説します。

記事を見る

過重労働と長時間労働の違いとは? 労働時間の定義について解説

過重労働には、脳・心臓疾患や精神障がいなどの健康問題を発症するリスクがあり、過労死につながるケースも見られています。 このようなリスクを防止するには、時間外・休日労働時間の削減をはじめ、健康管理に関わる対策を徹底することが重要です。 しかし、従業員の労働時間を管理するうえで、「過重労働と長時間労働はどう違うのか」とそれぞれの定義について明確に理解できていない場合も多いのではないでしょうか。 この記事では、過重労働と長時間労働の違いや定義、また時間外・休日労働時間を削減するための取り組みについて解説します。

記事を見る

【11月はテレワーク月間】活動の目的や企業の取り組み事例を紹介

テレワークとは、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を活用してオフィスから離れた場所で働くことです。時間・場所を有効活用した柔軟な働き方ができるため、業務生産性の向上や従業員のワーク・ライフ・バランスの向上、離職防止などにつながることが期待されています。 政府は、毎年11月を“テレワーク月間”として定めており、企業におけるテレワーク活用を推奨しています。 この記事では、テレワーク月間の概要をはじめ、活動の目的や企業の取り組み事例について紹介します。

記事を見る

【毎年11月実施】過重労働解消キャンペーンの活動内容と実施事例

国内における長時間労働は依然として社会問題となっており、過労死による労災認定件数も高水準で推移しています。 そのようななか、厚生労働省では、長時間労働の削減をはじめとする過重労働の解消に向けて、毎年11月に“過重労働解消キャンペーン”を実施しています。 この期間中には、従業員の健康問題や労働災害を防ぐために、企業に対して過重労働削減に向けた取り組みが推進されています。 本記事では、過重労働解消キャンペーンの概要をはじめ、主な活動内容と実施事例について解説します。

記事を見る