職場におけるストレスの原因は? 従業員のストレス解消法を解説

厚生労働省の『令和3年 労働安全衛生調査(実態調査)の概況』によると、仕事・職業生活で強い不安やストレスを抱える従業員の割合は53.3%と半数を超えています。 健康リスクを防ぐためには、職場で抱えやすいストレスの原因を把握したうえで、ストレス解消に向けた従業員への情報提供やサポートを行うことが重要です。 本記事では、職場で抱えやすいストレスの原因とその解消法について解説します。

記事を見る

健康強調月間とは? 目的や取り組み内容・事例を解説

近年では、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)の拡大によって生活習慣や働き方が変わったことで、運動不足や生活習慣病などによる健康二次被害が懸念されています。 企業においては、従業員の健康不安を解消するために、健康維持・増進に向けた取り組みが重要です。 この記事では、健康強調月間の目的をはじめ、具体的な取り組み内容・事例について解説します。

記事を見る

ストレスチェックの“高ストレス者”を放置するリスクと適切な対応とは

従業員のメンタルヘルス不調を未然に防止するには、高ストレス者に対して、医師による面談や適切な就業上の措置を取ることが重要ですが、高ストレス者のなかには、案内しても面談を申し出ない方も少なくありません。 そのため、人事・総務担当部門の方は「高ストレス者を放置したままでよいのか」「高ストレス者の従業員に対して何をすればよいのか」と対応に悩むケースもあるのではないでしょうか。 この記事では、高ストレス者の判定を受けた従業員が面談を受けない場合のリスクと、企業に求められる対応について解説します。

記事を見る

ストレスチェックの集団分析とは? 実施のメリットや注意点を解説

従業員が自身のメンタルヘルスについて意識を高めるとともに、ストレスチェックの結果を集団分析して、職場環境の改善につなげることが期待されています。 しかし、ストレスチェック結果の集団分析を行うにあたって「どのようなメリットがあるのか」「注意点はあるのか」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。 この記事では、企業の人事・総務担当者の方に向けて、ストレスチェックの集団分析とは何か、また集団分析を実施するメリットや注意点について解説します。

記事を見る

企業で働く“産業保健師”とは? 特徴や業務内容について解説

産業保健活動に効率的に取り組むためには、産業医や保健師、看護師などの産業保健スタッフのサポートが欠かせません。 しかし、産業保健師について、選任義務や資格、業務内容などをあまり把握していない担当者の方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、産業保健師の概要をはじめ、特徴や業務内容について解説します。

記事を見る

労働衛生コンサルタントとは? 産業医との違いや業務内容を解説

常時使用する従業員が50人未満の事業場で労働衛生コンサルタントや産業医の選任を検討しながら、「産業医と何が違うのか分かっていない」「どのような業務を行うのか知りたい」という担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、労働衛生コンサルタントの概要や、産業医との違いについて解説します。

記事を見る

【うつ病】労災認定になる3つの要件と労災申請を受けた場合の対応

労災事故が発生した場合、企業には不法行為・安全配慮義務に対する債務不履行などを理由に、被災者等から民事上の損害賠償請求がなされるリスクもあります。 精神障がいによる労災が増加するなか、「うつ病は労災にあたるのだろうか」「うつ病で労災申請を受けた際は、どう対応すればよいのだろう」と考える担当者の方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、うつ病が労災認定になる3つの要件と対応について解説します。

記事を見る

休職中の従業員に対する連絡頻度と配慮する3つのポイント

従業員が病気やメンタルヘルス不調などで休職した場合、企業は従業員の心身の状態を把握して、円滑に職場復帰へとつなげるために、定期的に連絡を取ることが望まれます。 しかし、不調の程度は従業員によって異なるため、「休職中にどれくらいの頻度で連絡をすればよいのか」と対応に悩む人事・労務担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、休職中の従業員への連絡頻度と配慮のポイント、職場復帰の判断について解説します。

記事を見る

【全国労働衛生週間】2022年度の実施は? 取り組み内容を紹介

厚生労働省は、毎年10月1日〜7日の7日間に“全国労働衛生週間”を実施しています。 2022年度も「あなたの健康があってこそ 笑顔があふれる健康職場」のスローガンの基、実施されます。 期間中は、各企業において職場巡視やスローガンの掲示、労働衛生に関する講習会の開催など、さまざまな取り組みが求められます。 しかし、「具体的にどのような取り組みを行えばよいか分からない」とお困りの担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、全国労働衛生週間の目的や、準備・実施期間の取り組み内容について紹介します。

記事を見る