衛生管理者資格|試験はいつ? 必要な手続きと申込方法

衛生管理者として企業の健康管理をサポートするためには、国家試験に合格して免許登録を受ける必要があります。 これから衛生管理者の資格取得を目指している方は、試験の概要や資格の種類について確認しておくことが重要です。 この記事では、衛生管理者の試験日程や申し込み方法などについて解説します。

記事を見る

【管理職必見】部下のメンタルヘルス不調のサインと対処法

企業において、日々業務に励む従業員のなかには、職場環境や家庭環境など、さまざまな要因でストレスを抱えている人も少なくありません。 メンタルヘルス不調の深刻化を防ぐためには、不調のサインに早く気づいたうえで、適切な対処を行うことが大切です。日ごろ直接関わる機会の多い上司は、そういった従業員のサインにいち早く気づき、対応することが求められます。 この記事では、メンタルヘルス不調を起こしている際にみられるサインや、上司に求められるメンタルヘルス不調の対処法を紹介します。

記事を見る

建設業の2024年問題|人事・労務が取り組むべき課題と法改正について

2019年4月から始まった働き方改革。建設業においては5年間の猶予期間が設けられており、2024年4月1日から改正労働基準法が適用されます。 働き方改革に取り組むことによって、長時間労働の是正やワーク・ライフ・バランスの向上など、働きやすい職場環境への改善が期待されています。 建設業の人事・総務担当者の方は、2024年問題に対応するために、法改正の内容や具体的な取り組みについて知っておくことが重要です。 この記事では、建設業の2024年問題とは何か、また、働き方改革における法改正について、取り組み例とともに解説します。

記事を見る

時間外労働の上限規制|2019年以降の基準を改めて確認

長時間労働が原因で労働災害が発生するケースも見られており、企業における長時間労働の削減は喫緊の課題となっています。 こうしたなか、政府は2019年4月(中小企業は2020年4月から規制対象)から“働き方改革”を実施しており、時間外労働の上限規制が新たに設けられました。 企業の人事・総務担当者は、時間外労働の上限について理解を深めたうえで、適切な労務管理を行うことが必要です。 この記事では、時間外労働の上限規制の概要をはじめ、改正ポイントについて改めて解説します。

記事を見る

物流業界の2024年問題|改正のポイントと対策のための取り組み例

物流業界の“自動車運転の業務”においては、5年間の猶予期間が設けられており、2024年4月1日から規制が適用されます。 しかし、トラックドライバーが不足している企業は増加傾向にあり、時間外労働の規制が適用されることで諸問題が生じると懸念されています。 物流業界において労働時間の上限規制が適用される2024年に向けて、物流業界各社は働き方改革への対応を迫られており、規制適用に関する諸問題は「2024年問題」と呼ばれています。 物流会社の人事・総務担当者の方は、働き方改革の改正ポイントを踏まえたうえで、2024年問題に向けて対策を始めることが重要です。 この記事では、物流業界の2024年問題の概要をはじめ、法改正のポイントや取り組み例について解説します。

記事を見る

ストレスチェックの結果を生かそう! 職場環境改善の4つのポイント

労働者のストレス状況を把握する方法の一つに、“ストレスチェック”の実施が挙げられます。ストレスチェックを実施したあとは、高ストレス者へのケアに加えて、集団分析の結果を踏まえて職場環境の改善につなげることが重要です。 しかし、職場環境の改善に向けて「どのような取り組みが必要なのか」「ポイントや注意点など知りたい」と対応に悩んでいる人事・総務担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、メンタルヘルス対策を目的とした職場環境改善のポイントと注意点について解説します。

記事を見る

睡眠と健康の関係性とは? 質の高い睡眠を取る3つのポイント

従業員の睡眠不足が慢性化すると、注意力やパフォーマンスが低下して、ヒューマンエラーにつながったり、作業効率が低下したりする可能性があります。また、睡眠不足は心身の健康にも関係があるといわれています。 そのため、従業員が心身ともに健やかな状態で日々働ける環境をつくるためには、事業者が睡眠の重要性を学び、従業員への健康指導に役立てることが大切です。 そこで本記事では、睡眠と健康の関係性や、質の高い睡眠を取るために押さえておきたい3つのポイントを解説します。

記事を見る

セルフケアとは? 働く人にこそ知ってほしい5つの取り組み例

厚生労働省は、適切なメンタルヘルス対策を行うために必要な取り組みとして“4つのケア”を示しており、そのうちの1つに“セルフケア”という項目があります。 「セルフケア」とは、私たちが自分自身で行うことのできるケア。働く人が自らのストレスに気付き、予防対処し、また事業者はそれを支援することで、事業者は労働者に対して、次に示すセルフケアが行えるように教育研修、情報提供を行うなどの支援をすることが重要です。 しかし、「従業員にセルフケアを促したいけれど、どうしたらよいか分からない」「セルフケアの具体的な方法を知りたい」といった人事・総務担当者の方もいるのではないでしょうか。 本記事では、セルフケアについて具体的な取り組み事例とともに解説します。

記事を見る

業種・従業員数で人数が変わる? 必要な産業医の人数と産業医の要件

従業員数・業務内容によって、必要な産業医の数や、嘱託または専属のどちらの産業医を設置するかといった条件が異なるため、要件について正しく理解しておくことが重要です。 「結局、自社は何人の産業医をどの契約で設置すればよいのだろう」とお悩みの人事・総務担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、必要な産業医の人数を、産業医の要件とともに解説します。産業医の管理にお悩みの方は、ぜひご一読ください。

記事を見る

企業のメンタルヘルス対策とは? 3つの具体例を紹介

厚生労働省は、2020年に全国の約14,000の事業所を対象に“労働安全衛生調査”を実施しました。その結果が示されている『令和2年「労働安全衛生調査(実態調査)」の概況』によると、「現在の仕事に関することで強い不安やストレスとなっていると感じる事柄がある」と回答した労働者の割合は、全体の54.2%でした。 全体の半数以上もの労働者が仕事に関するストレスを感じていることから、企業においてメンタルヘルス対策に取り組むことがいかに重要であるかがうかがえます。 しかし、「メンタルヘルス対策としてどのような取り組みを行えばよいのか分からない」と悩む担当者の方もいるのではないでしょうか。 そこで本記事では、企業が行っているメンタルヘルス対策の具体例を紹介します。

記事を見る