【メンタルヘルス対策】ストレスチェック制度の8つの規程とは

仕事に起因する精神障害で労災認定されるケースも増加傾向にあることから、従業員のメンタルヘルス不調を未然に防ぐ取組みが求められています。その取組みの一つとして法律で定められているのが“ストレスチェック制度”です。この記事では、ストレスチェック制度の8つの規程について解説します。

記事を見る

中間管理職のストレスの原因は? ストレスケアの方法と企業に求められる対策

部長や課長などの中間管理職は、組織をまとめる重要な役割を担っており、企業において欠かせない存在です。企業には、中間管理職におけるストレスの原因を把握して、適切なセルフケアを促すなど、疲労を溜め込まないための取組みが求められます。この記事では、中間管理職が抱えるストレスの原因をはじめ、ストレスケアの方法、企業の対策について解説します。

記事を見る

従業員がうつ病? 診断書の取得方法や産業医への相談・報告について

近年、仕事による強いストレスが原因で精神障がいを発病したとする労災請求件数が増加の一途を辿っています。なかでも精神障がいの一つとされるうつ病は、日本人の100人に約6人が生涯のうちに経験しているといわれています。この記事では、従業員がうつ病になった場合の診断書の取得方法や産業医への相談・報告について解説します。

記事を見る

【休職期間の決め方】延長の申し出があった場合の判断基準

休職は、従業員との雇用契約を継続したまま、病気やケガの療養のために一定期間仕事を休ませる制度です。休職期間については法律の規定がなく、従業員の回復度合いや治療状況などを考慮して判断します。そのため、「休職延長の判断基準が分からない」「休職期間はどのように決めればよいのだろう」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。この記事では、企業の人事・総務担当者の方に向けて、休職期間の決め方や延長の申し出があった際の判断基準について解説します。

記事を見る


従業員の健康診断・人間ドックの受診率を高める4つの取組みとは

企業における健康診断は、従業員の健康保持のために欠かせない取組みの一つですが、受診をしない従業員がいるケースもあります。企業の人事・総務部門においては、従業員に健康診断・人間ドックの重要性を理解してもらい、受診を促すための取組みが必要です。この記事では、健康診断の受診状況や受診率を高めるための企業の取組みについて解説します。

記事を見る


健康診断を行う医療機関・健診機関の選び方と会社で予約する際の流れ

『労働安全衛生法』第66条では、企業が従業員に対して健康診断を行うことが義務づけられています。受診する医療機関・健診機関の選定や予約手続きは煩雑になりやすく、人事・総務担当者の負担が大きくなっているケースもあるのではないでしょうか。この記事では、会社で健康診断を予約する際の流れや医療機関・健診機関の選び方について解説します。

記事を見る

【健康診断の事後措置】就業判定までの流れと判定区分を解説

『労働安全衛生法』第66条の4において、企業で健康診断を実施後、有所見者(※)に対して、産業医の意見を聴取して就業判定を行う義務があります。しかし、健康診断後の有所見者に対して「どのように就業判定を行えばよいのだろう」と疑問を持つ人事・総務担当者の方もいるのではないでしょうか。本記事では、健康診断後に就業判定を実施する際の流れや判定区分について解説します。

記事を見る

健康診断は医療費控除の対象になる? 適用要件と控除対象の医療費とは

厚生労働省は、企業が従業員に対して実施する健康診断の費用について「事業者が負担すべき」としています。人事・総務担当者の方は、従業員に適切に説明したり、疑問に答えたりするために、医療費控除について理解しておくことが重要です。この記事では、医療費控除の適用要件をはじめ、健康診断への適用可否や控除対象となる医療費、健康保持増進の取組みに対して受けられる医療費控除について解説します。

記事を見る