従業員が適応障がいになったら? 会社の対応と求められる対策

従業員から適応障がいであることを申告された場合、本人の健康状態の回復、そして労働災害や従業員とのトラブルを防ぐためにも、企業として適切な対応を取る必要があります。この記事では、適応障がいとは何か、また企業としての対応や適応障がいを防ぐための対策について解説します。

記事を見る

健康診断結果の判定区分と項目別の見方を解説

従業員に対して健康診断を実施した際、企業はその結果に基づいて適切な措置を講じる必要があります。しかし、健康診断の結果には専門用語や検査値が多いため、「見方がよく分からない」という人事・労務担当者の方も多いのではないでしょうか。本記事では、日本人間ドック学会の基準値を基に、健康診断結果の判定区分と各項目の見方について解説します。

記事を見る

健康診断の再検査は企業の義務? 必要な対応や費用負担について

健康診断を受診した従業員に再検査の通知があった場合、「どのような対応を取ればよいか分からない」「再検査の費用はどちらが負担するのだろうか」などと疑問を抱える人事・総務管理担当者の方もいるのではないでしょうか。本記事では、従業員の健康診断で再検査が必要になった場合の企業側の対応をはじめ、再検査の費用負担について解説します。

記事を見る

やる気が低下する“五月病”の原因と職場でできる4つの対策

新入社員の入社や転勤など、職場環境が変わることの多い4月。新しい環境に少しずつ慣れてくる5月に入ったあたりから、心身に不調を感じる“五月病”の症状が現れる従業員も少なくありません。五月病は一過性の症状といわれていますが、仕事に対するやる気の低下によって、会社にもさまざまな影響を及ぼす可能性もあります。場合によっては離職につながることもあるため、人事・総務の担当者には適切な対策が求められます。この記事では、五月病の原因やなりやすい人の特徴、企業における対策について解説します。

記事を見る

特殊健康診断とは?一般健康診断との違いや対象者について

企業が実施する主な健康診断には、一般健康診断と特殊健康診断があります。特殊健康診断は、職種に関係なく実施する一般健康診断とは異なり、一定の業務に従事する従業員が対象です。人事・総務担当者は、対象者を分類したうえで必要な健康診断の受診手続きを実施する必要があります。この記事では、特殊健康診断とは何か、一般健康診断との違いや対象者について解説します。

記事を見る

産業医面談とは?目的やメリット、相談内容を詳しく解説

産業医面談とは、企業に所属する産業医が労働者と個別に面談を行い、心身の健康状態を確認し、適切な助言や指導を行うことです。労働安全衛生法によって、事業者は労働者の健康管理を行う義務がありますが、産業医面談はそのなかでも重要な取り組みの一つです。この記事では、産業医面談の目的やメリット、面談で話す内容について、具体例を交えながら詳しく解説します。

記事を見る

健康経営の指針となるホワイト500とは? 認定基準と申請手続きについて

健康経営に関する制度について、経済産業省では健康経営に積極的に取り組む企業を評価するための “ホワイト500”という認定制度を設けています。ホワイト500の認定を目指しているものの、「基準や認定までの流れが分からない」という企業もあるのではないでしょうか。この記事では、ホワイト500の認定基準や申請手続きについて解説します。

記事を見る

小規模事業場産業医活動助成金の3つのコース内容と受給条件

労働者健康安全機構では、従業員の健康増進のために、50人未満の事業場を対象とした“小規模事業場産業医活動助成金”を取り扱っています。小規模の事業場で産業医を選任して、産業医活動に関する契約を締結する場合には、助成金が活用できるか確認しましょう。本記事では、小規模事業場産業医活動助成金を受給する条件と3つのコースについて解説します。

記事を見る

休職者への復職面談は慎重に! 復職可否の判断ポイントと注意点

人事・総務担当者は、病気やケガ、メンタルヘルス不調などのさまざまな事情で休職していた従業員に対して、復職面談を行う機会もあるのではないでしょうか。なかには、これから復職面談を行う機会があるという方もいるかもしれません。この記事では、復職面談における復職可否を判断するポイントと復職させる際の注意点について解説します。

記事を見る


first callの産業保健サービス
産業保健サービス

産業医選任
オンライン産業医面談
健診管理
スポットオンライン面談
first callとは?

firstcallとは
お役立ち資料ダウンロード