専属産業医とは? 嘱託産業医との違いも解説

常時50人以上の従業員が勤務している場合、事業者は産業医を選任する義務があります。 この義務を負っている事業場では、一般的に依頼された際に事業場に出向く“嘱託産業医”を選任します。 しかし、特定の条件に該当する場合には、“専属産業医”の選任が必要です。 この記事では、専属産業医の選任が義務づけられる条件や、専属産業医と嘱託産業医との違いを解説します。

記事を見る

【傷病手当金】申請時の意見書は産業医でも作成可能か

傷病手当金とは、健康保険の被保険者である従業員が、業務外の病気やケガを理由として就業が困難となった場合に、本人とその家族の生活を保障することを目的とした保険制度です。 傷病手当金の申請を行う際は、療養担当者である医師の意見書が必要です。 しかし、企業の人事・総務担当者のなかには、「産業医でも意見書が書けるのか知りたい」「主治医と産業医の意見が違う場合の対応を知りたい」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。 この記事では、傷病手当金の支給・申請に関することをはじめとして、産業医による意見書の作成可否、主治医と産業医の意見が異なる場合の対応を解説します。

記事を見る

【産業医】選任するメリット4つと選任時の注意点

『労働安全衛生法』第13条第1項・『労働安全衛生法施行令』第5条に基づいて、常時50人以上の労働者を使用する事業場では、産業医の設置が義務づけられています。 また、常時使用する労働者数が50人未満の事業場では設置義務はありませんが、医師による健康管理を行うために設置することが努力義務とされています。 選任義務の発生に伴い産業医の設置を検討しているものの、「産業医の設置によりどのようなメリットがあるのだろう」「選任時の注意点を把握しておきたい」とお考えの担当者の方もいるのではないでしょうか。 本記事では、産業医を設置するメリットと注意点について解説します。

記事を見る

健康診断の結果を産業医に共有して活用する方法を解説

事業場の健康診断の結果は、産業医に共有することで有効活用できることをご存じでしょうか。健康診断の結果を産業医に共有することは、従業員の健康を守ることにつながります。 しかし、「健康診断の結果をどのように活用すればよいか分からない」「健康診断結果の提出について知りたい」という担当者の方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、産業医と協力して健康診断の結果を有効活用する方法を分かりやすく解説します。

記事を見る

産業医がいない場合の対応とは? 設置義務のない事業場の条件と選任するメリット

事業場においては、労働者の健康保持増進措置に効果的に取り組むために、人事・総務部門や産業医、保健師などと十分な連携を図ることが求められます。 産業医がいない事業場の場合、人事・総務担当者は、産業医の設置義務に関する法令や選任する際の対応について、理解を深めておくことが重要です。 この記事では、産業医の設置義務のない事業場の条件と産業医がいない場合の対応、選任するメリットについて解説します。

記事を見る

産業医制度に関連する法律とは? 企業に課せられた義務と罰則について解説

近年、過重労働による健康障害の防止やメンタルヘルス対策の重要性が増しています。それに伴って、従業員の健康管理を担う産業医に求められる役割も変化しており、職務を効率的に実施できるように、法令も時代に応じて改正されています。 人事・労務担当者においては、従業員の健康を守るためにも産業医に関連する法令を学ぶことが大切です。 この記事では、産業医制度に関連する法律をはじめ、企業に課せられている義務と罰則について解説します。

記事を見る

産業医の意見書の役割とは? 効力や意見書を出すタイミングを解説

産業医が出す意見書には、企業の健康経営において重要な役割があり、その効力は働き方改革の影響により年々強化されています。 そのため、人事・総務担当者の方は、産業医が出す意見書に関する知識・罰則を把握しておくことが大切です。 この記事では、産業医の意見書の役割をはじめ、効力や意見書を出すタイミングについて解説します。

記事を見る

産業医の職場巡視は年に何回必要? 実施目的や頻度について解説

事業場での健康保持・増進に取り組む際には、産業医と連携を取ることが重要です。産業医は、医学的な専門知識を生かして、事業場でのきめ細かな産業保健活動や労働衛生管理を行いますが、そのなかの職務の一つとして“職場巡視”があります。 人事・総務担当者のなかには「職場巡視は何のために行うのか」「どれくらいの頻度で実施するのか」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。 この記事では、産業医が行う職場巡視の概要をはじめ、実施目的や頻度について解説します

記事を見る

産業医と契約する際の流れと契約形態の種類

これから産業医との契約が必要になる可能性がある企業担当者の方は、選任から契約を滞りなく行うために、契約の流れや手続き、契約形態などについて理解を深めておくことが重要です。 この記事では、事業場における産業医の役割を踏まえつつ、契約の流れ、契約形態の種類について解説します。

記事を見る

【産業医の選任報告】手続きの流れと必要書類

事業者が産業医を新たに選任するときや、変更するときには、所轄の労働基準監督署に報告書を提出する必要があります。 この産業医の選任報告は、選任を要する事由が発生した日から14日以内に行うことが定められています。漏れ・遅滞なく手続きを行うために、手続きの流れや報告書の記入方法、必要書類などについて事前に調べておくことが重要です。 この記事では、事業場の人事・総務部門の担当者に向けて、産業医の選任報告を行う際の手続きの流れや、必要書類などについて解説します。

記事を見る

first callの産業保健サービス
産業保健サービス

産業医選任
オンライン産業医面談
健診管理
スポットオンライン面談
first callとは?

firstcallとは
お役立ち資料ダウンロード