産業医を紹介してもらう4つの方法と選任する際の注意点

産業医として選任できるのは、医師のうち、所定の養成研修・講習を修了した人などに限られます。現在では産業医資格を取得している医師は約10万人以上(全医師のおよそ1/3程度)いますが、そのうちの実働は推計約3万人にとどまっている状況です。 事業場でいざ産業医を選任しようとした際に、「産業医とどのように出会えばよいのか」「選任する際の注意点は何だろう」と悩まれるケースもあるのではないでしょうか。 この記事では、産業医を紹介してもらう一般的な方法や、選任する際の注意点について解説します。

記事を見る

【メンタルヘルス対策】ストレスチェック制度の8つの規程とは

仕事に起因する精神障害で労災認定されるケースも増加傾向にあることから、従業員のメンタルヘルス不調を未然に防ぐ取組みが求められています。その取組みの一つとして法律で定められているのが“ストレスチェック制度”です。この記事では、ストレスチェック制度の8つの規程について解説します。

記事を見る

休職中の従業員に対する連絡頻度と配慮する3つのポイント

従業員が病気やメンタルヘルス不調などで休職した場合、企業は従業員の心身の状態を把握して、円滑に職場復帰へとつなげるために、定期的に連絡を取ることが望まれます。 しかし、不調の程度は従業員によって異なるため、「休職中にどれくらいの頻度で連絡をすればよいのか」と対応に悩む人事・労務担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、休職中の従業員への連絡頻度と配慮のポイント、職場復帰の判断について解説します。

記事を見る

高度プロフェッショナル制度の健康管理時間とは? 残業時間との違いを解説

高度プロフェッショナル制度とは、高度な専門職に就き、職務の範囲が明瞭で一定の年収要件を満たす労働者に対して、労働基準法で定めた労働時間や休日の規定を適用しない制度のことです。この記事では、高度プロフェッショナル制度における健康管理時間とは何か、混同されやすい残業時間との違いについて解説します。

記事を見る

【健康イベントの事例】健康経営優良法人の認定に向けた企業の取り組みとは

経済産業省では、企業における健康経営の取り組みを促進するために、“健康経営優良法人”を評価する顕彰制度を設けています。健康経営優良法人の認定を目指す企業に向けて、健康経営優良法人認定制度の概要や健康経営のイベント・取り組み事例、健康経営に対する支援制度について解説します。

記事を見る


健康診断の有所見者とは? 診断区分と企業の対応

従業員の健康診断を実施したあとは、その健診結果に基づいて、再検査や業務上の配慮などの適切な措置を講じる必要があります。この記事では、健康診断における有所見者の定義や診断区分をはじめ、有所見者への企業の対応方法について解説します。

記事を見る

職場におけるパワハラのリスクと求められる対策

職場におけるパワーハラスメント(以下、パワハラ)は、従業員の人権に関わる大きな問題の一つです。パワハラは企業にとってもリスクがあるため、人事・総務担当者には、従業員が安心して働ける環境づくりが求められます。本記事では、職場におけるパワハラの定義や企業に及ぼすリスク、必要な対策について解説します。

記事を見る

オフィス・作業場の熱中症対策と対処方法

熱中症は屋外で発生するイメージがありますが、室内での発生も見られるため、オフィス・作業場で働く従業員にとってもリスクは存在します。この記事では、熱中症の発生状況をはじめ、オフィス・作業場での熱中症対策、対処方法について解説します。

記事を見る

健康診断結果を紙管理するデメリットとペーパーレス化の4つのメリット

『労働安全衛生法』第66条の3では、企業は従業員の健康管理のために健康診断結果を適切に保管することが定められています。国内のペーパーレス化が推進されるなか、従業員の健康診断結果についても、紙媒体から電子媒体へ移行しようと検討している方もいるのではないでしょうか。本記事では、健康診断結果を紙媒体で管理するデメリットやペーパーレス化のメリットについて解説します。

記事を見る

first callの産業保健サービス
産業保健サービス

産業医選任
オンライン産業医面談
健診管理
スポットオンライン面談
first callとは?

firstcallとは
お役立ち資料ダウンロード